住宅ローンの事前審査に必要な書類は?

事前審査に必要な書類

希望の物件が見つかりましたら、住宅ローンの一歩として本審査の前に「事前審査」があります。金融機関によっては「仮審査」とも言われています。

銀行によって必要な書類のちがいはありますが、だいたいの銀行でこれだけ準備したら大丈夫かなというものを下記に記載しています。

  1. 住宅ローン借入申込書
  2. 印鑑(認印でOKですが、シャチハタ不可)
  3. 物件資料
  4. 健康保険証の表と裏の写し
  5. 本人確認資料(運転免許書、パスポートなど)の表と裏の写し

他の書類は、お勤めの形態によって違います。
また、事前審査時に提出する書類はコピーで大丈夫ですが、健康保険証などの本人確認書類で裏が白紙でも裏面のコピーも必須となります。

会社員・公務員

  • 源泉徴収票写し直近1~2年分

会社代表者・代表者でない会社役員(取締役等)

  • 会社決算書写し直近3期分
    (※財務諸表、附属明細などすべて要)
  • 源泉徴収票写し直近3期分

個人事業主

  • 確定申告書写し直近3期分
    (付表も要)

審査の期間は?

実店舗のある銀行・担当者・ネット銀行などにより違いはありますが、

必要な書類が揃ってから2~4日営業日ぐらいです。

書類はきちんと揃っていなければ審査が進みません。

また、注意点として「在職確認」というものがあります。
申込書に記入した勤務先(会社の電話番号)に銀行から本人確認の電話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください